全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,020件の情報を掲載(2023年2月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 板橋区
  4. 板橋駅
  5. 医療法人財団 仁寿会 荘病院
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 産婦人科

最終更新日:2022/09/01

医療法人財団 仁寿会
荘病院

Cs1
  • 東京都板橋区板橋1-41-14
    • 産婦人科
    • 産科
    • 婦人科
    • 小児科
    • 看護部

産婦人科

診療科・部門紹介

もうすぐ開院100周年。安全面と温かいサービスを追求し、地域の女性たちを支えていく

1923年に開院した同院は、もうすぐ100周年を迎える。全員が慶應義塾大学医学部産婦人科学教室出身の医師をはじめ、看護師や助産師などすべてのスタッフが身内のように接する温かさで、地域の女性たちを支えてきた。4Dエコーなど先端機器を駆使し、出産を迎える母親や家族に安心感を与えられるような出産に注力。同院には、親子代々で出産をする家族や、2人目・3人目の出産も多いのが特徴。なお、開院100周年に向けて、マタニティービクスやマタニティーヨガができるスペース、談話室や多目的室などを備えた新棟も建設予定。今後はサービス面も重視したカスタマーファーストを徹底していく方針だ。

1

退院時には花が敷き詰められた手作りのボードをバックに医師やスタッフと記念撮影を

2

ゆったりとしたスペースの待合室。患者同士や患者と スタッフの和やかな笑い声が響く

スタッフ紹介

責任者

Main

荘 隆一郎院長

東海大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局。1996年から荘病院で診療、2011年から現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医。母体保護法指定医。慶應義塾大学医学部産婦人科学教室非常勤講師。東京産婦人科医会副会長。

メッセージ

受診される方に「おめでとう」と言えるのは、産婦人科の特権です。子どもは普通に生まれて当たり前と思っている方も多いかもしれません。しかし、お産ほど怖いものはありません。当院では楽しく入院して楽しく家に戻ることができるように、開業から100年近く地域の女性たちを支えてきました。できる限り最大限の安全性に努め、「ここで生んで良かった」と思えるお産をめざし追求し続けています。すごく痛い思いをして、やっと解放されて赤ちゃんに会えたということは、お母さんだけでなく僕らもうれしい瞬間です。これからもより居心地の良い病院をめざしていきますので、安心してお任せください。

スタッフ

2

檜垣 敬二副院長

慶應義塾大学医学部卒業後、同大学医学部産婦人科学教室入局。産婦人科を専門として研鑽を積んだ後、荘病院へ。医学博士。母体保護法指定医。日本産科婦人科学会産婦人科専門医。40年近く同院で勤務する檜垣副院長のもとには、自身がここで生まれたという妊婦も訪れる。

メッセージ

当院ではお産を知り尽くした医師たちが妊娠から出産、その後の母子の健康まで一貫してサポートしていきます。安全性に配慮したお産に加えて、サービス面を重視した「カスタマーファースト」の医療を実践しているのが特徴です。たとえば、4Dエコーを導入しているため、胎児の愛らしい動きや表情を楽しみながら元気に育っているかどうかを精密にチェックし、映像は持ち帰ることもできます。また、当院はリピーターの患者さんもたくさんいらっしゃいます。2人目のお産の場合、私たちもより身近に感じますし、妊婦さんの安心感にもつながります。大規模病院ではなかなかないアットホームな雰囲気も魅力の一つだと自負しています。

3

菊森 のぞみ先生

医学博士。日本産科婦人科学会産婦人科専門医。母体保護法指定医。

メッセージ

病院で繰り広げられるお産は、妊婦さんにとって家族が増える大切な瞬間です。当院では年間約720人もの赤ちゃんが産声を上げますが、お産には波があります。一人も生まれない日もあれば、1日に7人も生まれることも。いずれのお産も神聖な気持ちで真摯に取り組んでいます。また、医師であり、私自身も2児の母として、妊婦さんからさまざまなご相談を受けることも少なくありません。ときには、20年ぶりにお会いした患者さんに「あっ!先生!」と声をかけられることもあり、医者冥利に尽きます。これからも一人ひとりの妊婦さんを大切にしていきたいと考えていますので、何でもお気軽にご相談ください。

4

渡邊 広是先生

日本産科婦人科学会産婦人科専門医。

メッセージ

これまで「母子ともに安全なお産」をモットーに、たくさんの妊婦さんに向き合ってきました。私は「ひまわり学級」という不妊教室も担当しています。第1・3金曜の15時に実施し、基本的な妊娠成立のメカニズムや不妊の病態、検査・治療方法などをわかりやすく解説しています。外来を通さずに誰でも無料で参加できますので、ぜひ話だけでも聞きにいらしてください。個別の質問にもお答えします。また、私だけでなく、どの医師も何でも相談に乗りますので、妊娠前や赤ちゃんがほしいと思ったときに心配なことがあれば受診してください。妊娠や出産の最初のステップとして、当院をご利用いただけるとうれしいです。

5

三木 史恵先生

医学博士。日本産科婦人科学会産婦人科専門医。

メッセージ

産婦人科の魅力は、思春期から閉経後までの悩みを一人のドクターが長い期間ケアできることです。さらに、患者さんとの距離感を保つ大学病院と比べて、当院ではスタッフ全員が一人ひとりに寄り添った医療を実践しています。患者さんも温かく接してくださるので、こちらもしっかりとお話を聞くことができ、提案もしやすいと感じています。妊娠や出産に関することはもちろん、生理や更年期の悩み、不妊のことなど何でもご相談ください。患者さんのご希望に合った提案や検査、治療を行っていきたいと思います。当院は女性医師も複数在籍していますので、女性の医師をご希望の方もぜひお声かけください。

6

正木 繭先生

日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医。

メッセージ

私自身も当院で出産を経験しました。この病院の魅力は、温かさと親しみやすさだと思っています。長年、スタッフ全員が患者さんを自分の身内のように支えていくスタンスが脈々と受け継がれてきました。お産は人生の中での貴重な一コマですので、「いかに良い思い出になるか」を病院全体で考えています。また、全室に4Dエコーを導入したり、地域や慶應義塾大学病院など大規模病院との連携を強化したりと、いざというときに対応できる体制も整えていますので、ご安心ください。さらに、妊産婦さん同士の仲が良いのも特徴です。退院後に待合室で集合されている様子もしばしば見られます。私たちと一緒に、楽しい妊娠・出産生活を送りましょう。

%e8%8d%98%e6%85%8e%e5%a4%aa%e9%83%8e%e5%85%88%e7%94%9f

荘 慎太郎先生

2015年北里大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局。けいゆう病院、済生会宇都宮病院での勤務を経て、慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に戻り、産科麻酔学を専攻。2021年4月から荘病院での診療を開始。日本産婦人科学会産婦人科専門医。

メッセージ

産婦人科を受診する際にリラックスしている人は少なく、その上パーソナルなことについて男性の医師に話すことは勇気がいることだと思います。そのため、少しでもお話ししやすい雰囲気を大切にし、“話を聞いてもらって楽になった”と感じて帰っていただける診療をめざしています。また病気や治療の説明をするときは、不安を抱えて受診した患者さんが納得できるまで、丁寧に時間をかけてお話させていただいています。産婦人科は妊娠・出産を通じてライフステージを一段上げることをお手伝いできる診療科であり、それがこの仕事の魅力です。ぜひ地域の皆さんのライフステージが上がるその瞬間のお手伝いをさせていただければうれしいです。

8

三上 幹男先生

慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医。東海大学教授。日本産科婦人科学会常務理事。

メッセージ

私の専門は、婦人科の腫瘍学です。当院では30年近く、子宮頸がん検診や子宮体がん検診で異常が見つかった患者さんの経過観察を担当してきました。長年蓄積した知識と経験を生かして、患者さんにわかりやすく満足のいく説明を心がけています。今後のことなども自信を持ってお伝えしますので、わからないことや不安なことは何なりとお申しつけください。当院は優しい医師がそろっており、それこそが一番大切なことだと感じています。ときには、旦那さんに言えないことを相談されることもあります。子どもから成人、母親になり、その子どもが大きくなれば、孫ができて閉経を迎える……といった女性の人生を見守っていきたいと考えています。

診療実績

疾患名・治療名
診療実績
睡眠障害
-
不眠症
-
貧血
-
高脂血症(脂質異常症)
-
子宮外妊娠(異所性妊娠)
-
切迫流産
-
卵巣腫瘍合併妊娠
-
卵巣腫瘍合併妊娠
-
切迫早産
-
つわり
-
双胎妊娠
-
妊娠中毒症
-
クラミジア感染症
-
婦人科感染症
-
性病
-
子宮筋腫
-
筋腫
-
卵巣良性腫瘍
-
卵巣のう腫
-
婦人科良性腫瘍
-
子宮内膜症
-
骨盤臓器脱
-
子宮脱
-
月経異常
-
月経不順
-
月経困難症
-
習慣流産
-
不育症
-
女性不妊症
-
尿失禁
-
頻尿
-
めまい症
-
腰痛症
-
肩こり
-
骨粗鬆症
-
膣炎
-
骨盤腹膜炎 
-

関連記事

access.png