高度で温かい医療で地域に貢献する順天堂大学医学部附属練馬病院 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8175件掲載中(2019年04月25日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

順天堂大学医学部附属練馬病院

高度医療を提供する大学病院として、身近で頼りになる地域に根差した病院として、全人的医療を追求

災害拠点病院/東京都がん診療連携拠点病院/地域医療支援病院

他を思いやり慈しむ「仁」の精神で
高度で温かい医療を展開する基幹病院

児島 邦明院長

児島 邦明院長

1977年順天堂大学医学部卒業。同大学医学部附属順天堂医院第二外科に入局、主に肝・胆・膵、門脈圧亢進症の臨床・研究に従事後、乳腺・内分泌外科学研究室へ。順天堂大学医学部附属練馬病院開設時に副院長就任。2011年より現職。

学校法人順天堂が設置・運営する6つの基幹病院の一つである『順天堂大学医学部附属練馬病院』。人口に対する病院数および一般病床数が少ない練馬区において、救急患者や慢性期の患者の多くが区外の医療機関を利用しているという状況を改善するため、同院は開設の翌年の平成18年5月に400床をフルオープン。順天堂の伝統である「不断前進」の理念と、建学以来の学是である「仁」に基づき、地域の基幹病院として、大学病院ならではの高度医療の提供、二次救急指定病院および災害拠点病院としての機能の充実に努めてきた。
二次医療機関として救急医療を強化するとともに、小児・周産期医療、がん治療、災害医療を重点医療として取り組むほか、小児の成長ホルモン分泌不全性低身長症や夜尿症、神経疾患などを代表とする専門性の高い治療、がんに対する先進的な医療、核医学による放射線診断を実施。災害時医療については、災害医学の経験豊富な医師を中心に定期的な災害対応訓練によって対応力を高めている。また、研修医の育成にも注力。医療技術はもちろん医師としての素養や人間性も高め、医師という仕事に責任と誇りを持てる人材を輩出している。
そして、同院の魅力はなんといっても、大学病院でありながら地域から親しまれる病院であることだ。地域の医療機関との協力で、患者に優しい医療を実践する姿勢は「地域密着型急性期病院」といえるだろう。その診療スタンスについて、児島邦明院長は次のように語る。
「職員一同、もっと良い病院にしようと日々声をかけ合い病院づくりに励んでいます。その結果、診療科や職種の垣根を超えて、同じ目的に向かって進む独特の文化・風土が生まれました。今後も、当院ならではのチーム医療で、地域に喜ばれる医療を追求していきます」

リエゾンチーム

医師、看護師、薬剤師が患者に関する情報を共有し、よりきめ細かなサポートを行う

医師、看護師、薬剤師が患者に関する情報を共有し、よりきめ細かなサポートを行う

専門看護師を含むチームで
より細かなサポートを実現

入院患者に対して、定期的に回診し精神症状の発現を未然に防ぐリエゾンサービス。これを専門に行っている精神科では、平成30年6月に精神科リエゾンチームを結成した。リエゾン専門の看護師1人が着任するほか薬剤師も1人配置。精神科の医師とのこれまで以上に密な協力関係のもと、早い段階で患者に介入することで、高齢の入院患者に多く見られるせん妄の治療とその予防に向けて、より安心できる医療の提供をめざす。患者中心の医療に加えて、さらにきめ細かな家族へのフォローも積極的に行っていく。

入院支援窓口

多職種で患者の入院から退院後の生活をサポートする

多職種で患者の入院から退院後の生活をサポートする

入院支援専門窓口で
入院前の不安に適切に対応

同院では、入院して手術が予定されている患者とその家族に対しての事前面談を実施。入院前に現在の生活状況や家族背景を把握し、退院後の生活や入院生活に関する不安などを適切にフォロー。看護師が窓口となり、栄養士、理学療法士、薬剤師など多職種で介入していく。また今後は、退院支援を見据えた入院支援を行い、在宅や回復期病院への転院にも注力。地域の医療機関や介護・福祉関係者とともに、急性期の治療を終えた後、安心して地域に戻れる環境を整えていく。

病院の増床

2020年新棟がオープンし490床に増床
多様化する地域のニーズに対応

同院では多様化する地域のニーズに応えるため、新4号館オープンに向けて準備を進めている。現在、建設中の新病棟は2020年1月に外来診療を開始。その後1号館を改修し2021年4月には400床から90床増床、490床の病院に生まれ変わる。それに伴い、周産期センター、心臓血管外科、形成外科、血液疾患無菌室、入退院支援センター(仮称)の新設のほか、ICUの増床、手術室の増室、血液疾患治療の強化、小児・周産期医療、救急・プライマリケア診療の充実と救急・災害医療の拡充を予定。これらを実現させることで、練馬区の基幹病院として、これまで以上に地域の患者が安心して質の高い医療が受けられる病院をめざす。

2020年1月にオープンが予定されている新4号館(イメージ)

2020年1月にオープンが予定されている新4号館(イメージ)

access.png

↑TOPへ戻る