荻窪病院の特徴 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8180件掲載中(2019年08月21日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
28105 ma 1 1415190883

荻窪病院

地域住民の健康維持のため中核病院の親しみやすさの中、時代に応じた高度医療を追求

東京都災害拠点病院 東京都地域医療支援病院

高度医療を軸に地域医療に大きく貢献
平時から災害時まで
急性期病院の務めを果たす

村井 信二病院長

村井 信二病院長

1987年東海大学医学部卒業。千葉大学大学院分子腫瘍病理学講座修了。慶應義塾大学医学部客員教授。専門は消化器外科(胃・大腸)、肝胆膵外科、内視鏡外科。2009年より現職。日本外科学会外科専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本肝胆膵外科学会評議員、日本臨床外科学会評議員。消化器外科手術など、診療の前線でも活躍している。

地域の中核病院として80年以上の歴史を刻んできた『荻窪病院』。24もの診療科を標榜し、心臓血管外科による大動脈弁再建術や循環器内科の心臓カテーテル検査・治療をはじめ、大学病院レベルの高度医療を提供している。高い技術と診療科を超えたチームワークを生かし、急性期病院として地域医療に貢献。さらに災害拠点病院としての一面も有し、非常時には地域住民を守るべく、保健所・地元医師会・町内会など各機関との連携にも尽力している。地域医療支援病院に承認された現在は近隣の医療機関とさらに連携を深め、手術や高度な検査・治療が必要な紹介患者を積極的に受け入れている。村井信二病院長自らも手術など診療を担当する「現場重視主義」により、ハイレベルな医療を実現しているのも特徴だ。
「診療スペースの増設や増加する脳卒中患者さんへの対応強化なども図っていきます」と村井病院長は地域医療への想いを語る。

産婦人科

吉田 宏之先生

産婦人科部長
吉田 宏之先生

1998年慶應義塾大学医学部卒業。けいゆう病院、慶應義塾大学病院、永寿総合病院勤務などを経て2009年に荻窪病院へ入職。慶應義塾大学医学部非常勤講師。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医。専門は腹腔鏡・子宮鏡下手術、生殖医療、産婦人科一般。

竹本崇史先生(前列中央)と産科病棟のスタッフたち。抜群のチームワークによって患者をフィジカル・メンタル両面でサポート。的確な治療を施すことはもちろん、正しい知識の啓発にも努めている

竹本崇史先生(前列中央)と産科病棟のスタッフたち。抜群のチームワークによって患者をフィジカル・メンタル両面でサポート。的確な治療を施すことはもちろん、正しい知識の啓発にも努めている

高度低侵襲治療と温かな心遣いで
妊娠から出産までをトータルで支援

高度な婦人科手術から分娩までを総合的に担う産婦人科。恵まれた設備と専門性の高い医師らの技術を武器に、スタッフが一丸となり患者の心身をケア。吉田宏之部長の専門でもある腹腔鏡・子宮鏡下治療を筆頭に、患者の負担が少ない低侵襲治療を積極的に行っている。

体外受精での出産を日本でも早くに成し遂げた同院の産婦人科は、平成20年に荻窪駅近くに開設した「虹クリニック」へ不妊治療部門を移し、本院では婦人科治療と分娩を、虹クリニックでは不妊治療を行っている。
「不妊治療から分娩まで、ずっと支えてくれる医師の存在は患者さんにとって大きな安心材料なのではないでしょうか」と話す吉田先生。分娩後は心身ともに不安定になりがちな女性たちを、スタッフが一丸となってこまやかにサポートしている。
婦人科では吉田先生の専門でもある腹腔鏡・子宮鏡下治療を筆頭に、低侵襲治療を積極的に行う。不妊治療の前段階での子宮筋腫・卵巣囊腫などの腹腔鏡下手術や子宮内膜ポリープ・粘膜下筋腫などの子宮鏡下手術、日帰りの卵管鏡下手術も実施。こうした低侵襲治療は術後の癒着が少ないため、その後の不妊治療や帝王切開時にもメリットがあるという。不妊治療を専門とする虹クリニックと電子カルテで患者情報を共有し、タイムラグのない婦人科治療をめざしている。
平成25年には産婦人科の外来と産科病棟をリニューアルし、陣痛からお産までを一つの部屋で過ごせるLDRを3室設置。患者に甲状腺疾患や糖尿病などがある場合は妊娠・出産にも大きく関与してくるため、同院の内科などとも迅速に情報を共有するなどバックアップ体制も整えている。
「安全なお産のためにも、患者さんに出産に関する正しい知識を持っていただくことが重要です。技術力の向上はもちろんですが、われわれも常に正しい情報を提供できるよう、知識のアップデートに努めていきたいと思っています」

助産師による外来

デリケートな産前・産後の時期を
ベテラン助産師が心身ともにケア

同院で出産予定の妊婦が個別で助産師相談を受けることができる専門の外来を開設。安心して出産・育児ができるよう、助産師が一対一で丁寧に対応する。妊娠経過の確認はもちろん、産後に向けての授乳指導や過ごし方のアドバイスも実施。助産ケアの高い能力を備えている助産師を筆頭に、5年以上の経験と十分なスキルがある助産師が担当する。繊細な時期である産前・産後を穏やかに過ごせるよう、こまやかな対応を心がけている。

経験豊富な助産師が、女性同士だからこそ話せる繊細な悩みにもきめ細かに対応

経験豊富な助産師が、女性同士だからこそ話せる繊細な悩みにもきめ細かに対応

皮膚科

布袋 祐子先生

診療部長/皮膚科部長/TQM推進部長
布袋 祐子先生

1992年慶應義塾大学医学部卒業。尋常性天疱瘡などの自己免疫性水疱症、アトピー、皮膚科一般が専門。医学博士。慶應義塾大学皮膚科学教室非常勤講師。日本皮膚科学会皮膚科専門医。皮膚に生じた全症状を診ることを信念に、難治性皮膚疾患治療にも取り組む。

中等症~重症の成人患者に対し、2018年より生物学的製剤(一般名デュピルマブ)によるアトピー性皮膚炎の治療を開始

中等症~重症の成人患者に対し、2018年より生物学的製剤(一般名デュピルマブ)によるアトピー性皮膚炎の治療を開始

あらゆる皮膚疾患を丁寧にケア
先端のアトピー性皮膚炎治療も実践

一般的な湿疹・皮膚炎、じんましんから、血管炎、色素異常、代謝異常、良性・悪性皮膚腫瘍など、皮膚に症状が現れる疾患すべてに対応することで地域医療を支える皮膚科。特に近年注力しているアトピー性皮膚炎については、生物学的製剤の注射による治療を行っている。

あらゆる皮膚疾患に幅広く対応することをモットーとする皮膚科は、アレルギー治療をはじめとした専門的治療も行っている。特にアトピー性皮膚炎に対する生物学的製剤の注射は皮膚に炎症を起こす物質・サイトカインの働きを抑えることによる治療で、これまでの治療で十分な効果が得られなかった患者にも変化が期待できるといわれている。安全性に配慮された先進的な光線治療にも対応可能で、コスト面や通院頻度など、患者の要望を考慮した上でベストな治療を追求している。
「薬を飲んでもなかなか改善されないじんましんなどは、実は花粉症に関する抗体が特定の食べ物に反応して発生している可能性も。そういった複雑なアレルギーでも、丁寧な問診や全身精査などを行い原因を調べていきます。悩んでいる方はぜひご相談ください」と話すのは布袋祐子部長。「内臓の鏡」とも呼ばれる皮膚に起こったトラブルの真の原因を見逃さず、患者の全身の健康を見守っている。

眼科

北原 由紀先生

眼科部長
北原 由紀先生

1998年日本医科大学医学部卒業。同大学眼科研修医、同大学多摩永山病院眼科研修医・助教、下館市民病院(現・筑西市民病院)眼科医長、日本医科大学多摩永山病院眼科医局長などを経て2018年に荻窪病院へ入職。日本眼科学会眼科専門医。

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症など、高い専門性が求められる疾患の治療にも適切に対応

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症など、高い専門性が求められる疾患の治療にも適切に対応

地域の眼科医療の中核をめざし
快適・安心な医療の常時提供へ

患者が納得・満足できる医療の提供を目標に、スタッフが一致団結し、わかりやすい説明と丁寧な診療を実践する眼科。急性期医療を使命とする同院の眼科として、緊急の治療やより詳細な検査・手術を要する患者も積極的に受け入れ、杉並区における眼科医療の一角を担っている。

眼科疾患に幅広く対応すると同時に、平成30年4月に赴任した北原由紀部長が得意とする網膜硝子体疾患など眼底疾患に対する高度な治療を提供する眼科。
「手術に必要な機器がさらに充実しましたし、今後も積極的に手術に取り組んでいきたいと思います。地域のクリニックから紹介された難易度の高い眼底疾患患者さんにも、適切に対応していきます」と話す北原先生。「患者さんが納得して心地良く暮らせるための治療」をモットーに病状や治療法の説明を丁寧に行い、患者自身の言葉にもじっくり耳を傾ける。複数の治療法を提示し、患者と相談の上でベストな方法を探るという患者本位の診療も実践。
「すべての患者さんが笑って帰宅できるよう、他科と連携しながらできる限り対応していきたいと思います。治療が遅れることで視力が低下してしまうこともあるので、歪んで見える、視界が狭くなるなど、気になることがあればすぐにご相談ください」

小児科

西田 理子先生

小児科医長
西田 理子先生

2008年日本医科大学医学部卒業後、同大学付属病院、同大学多摩永山病院にて研鑽を積む。専門は小児科一般のほか、アレルギー疾患や長引く咳などの小児呼吸器疾患。喘息や小児のいびきの治療に努める。日本小児科学会小児科専門医。

同院で生まれた新生児を継続的に見守ることができるのも小児科の強み。母親の気持ちに寄り添った、温かなケアを信条としている

同院で生まれた新生児を継続的に見守ることができるのも小児科の強み。母親の気持ちに寄り添った、温かなケアを信条としている

幅広い悩みにオールラウンドに対応
専門の外来による高度な治療も特徴

一般的な小児科診療をはじめ、予防接種、乳幼児健診、発育・発達相談、小児神経・小児心臓専門の外来など、オールラウンドに対応する小児科。平成30年に呼吸器疾患を専門とする西田理子医長が赴任したことを機に、喘息や小児のいびきの治療にも、より注力している。

小児疾患に幅広く対応する傍ら、専門の外来による高度な治療も提供する小児科。平成30年に呼吸器疾患の専門家である西田先生が赴任してからは、喘息治療や小児のいびき治療にも対応。毎月第4金曜の午後には小児神経・小児心臓専門の外来を開設し、てんかんの患者や乳幼児健診・学校健診で心雑音があった患者を多く診療している。
さらに予防接種のスケジュール相談、乳幼児健診、健診後の栄養士による栄養相談も実施。土曜午後には発育や発達への不安、慢性疾患や障害を持つ子を抱える保護者の悩みなどにカウンセラーが対応する時間も設けている。
「当院の産婦人科で生まれたお子さんを引き続き見守ることも多いので、産婦人科との連携も強めていきたいです。私自身も子を持つ親ですから、患者さんや親御さんの気持ちに寄り添った丁寧なアドバイスを心がけたいと思います」と話す西田先生。今後は入院での食物アレルギー検査などの導入も予定しているそうだ。

整形外科

早稲田 明生先生

整形外科部長/足の診断・治療部門長
早稲田 明生先生

1989年産業医科大学医学部卒業。慶應義塾大学病院整形外科、国際親善総合病院整形外科などを経て、2012年に荻窪病院に着任。足の外科のエキスパートとして、足のスポーツ障害、骨折・外傷、外反母趾などを専門に治療を行う。日本整形外科学会整形外科専門医。

整形外科では毎朝、前日に診療した患者のカンファレンスを行っている。細かな情報共有のもと、事前に治療方針を検討する

整形外科では毎朝、前日に診療した患者のカンファレンスを行っている。細かな情報共有のもと、事前に治療方針を検討する

エキスパートが難易度の高い治療に対応
患者負担を軽減する低侵襲治療も導入

同科では首から下の運動器の疾患・外傷を診療。特に手・脊椎・膝・足に対しては日本整形外科学会整形外科専門医が、手術を中心とした専門性の高い治療を行う。地域の中核病院として近隣クリニックとの連携を強化し、より高度な治療を要する疾患には大学病院などとの連携を生かし迅速に対応している。

一般的な整形外科診療に加えて、各部位ごとに専門性の高い治療を行っているのが同科の大きな特徴だ。脊椎部門では椎間板ヘルニアなどの慢性疾患、腫瘍などに対応。特に近年は腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の内視鏡による低侵襲治療も強化している。
手外科部門では、手指を中心とした上肢の外傷のほか、神経麻痺や変形性関節症などの専門的な診療を、また膝関節部門では、変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術などを精力的に行っている。
足首の外傷や変形性足関節症、外反母趾などを診療する足の診断・治療部門には、遠くから訪れる紹介患者やアスリートの患者も多いそうだ。同部門長を務める早稲田明生先生は、関節鏡下での手術を得意とし、治療効果を高めるリハビリテーション指導にも力を入れる。
「高齢者の骨折などは、手術が遅れると他の疾患を発症してしまうケースも。適切なタイミングで治療を行い、患者さんのリスクを減らせるよう努めています」

消化器部門

内視鏡検査・治療、腹腔鏡手術と
低侵襲で予後の良い医療をめざす

食道から大腸までの消化管や肝臓・胆道・膵臓などの消化器疾患には、消化器内科と消化器外科がチームで対応。早期発見が鍵の消化器がんに関しては内視鏡機器を常に刷新しながら、より精度の高い診断を実現。平成25年に増設された内視鏡室では、年間約9500件の消化器内視鏡検査が行われている。

内科部長
中村 雄二先生
(前列中央左)1993年慶應義塾大学医学部卒業。2013年に荻窪病院へ入職。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝臓学会肝臓専門医。

内視鏡室長/消化器内科医長
林 量司先生
(前列中央右)2001年昭和大学医学部卒業。2011年に荻窪病院へ入職。昭和大学医学部兼任講師、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医。

外科医長
吉川 貴久先生
(前列右)2003年慶應義塾大学医学部卒業。2012年に荻窪病院へ入職。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医。

消化器内科の医師を多く擁する同院では、林量司室長が率いる内視鏡室で年間約9500件の消化器内視鏡検査を実施し、胃がん・大腸がんの早期発見・治療に努めている。内視鏡室では自治体による胃がん検診がバリウム検査から胃カメラへ移行したことに伴い、経鼻内視鏡を4台導入。さらに近年は、胆道がん・膵臓がんの診断をより精度高く行える超音波内視鏡も導入した。
「内視鏡検査だけでなく、がんやポリープを切除する内視鏡治療(ESD:内視鏡的粘膜下層剝離術)も積極的に行っています。さらに肝臓がんに対するラジオ波治療や化学療法、膵がん・胆道がんに対する緊急胆道ドレナージなど幅広い消化器治療をしていきたい」と内科部長の中村雄二先生。
院内では消化器疾患チームとして、消化器内科と消化器外科が密に連携。定期的な合同カンファレンスにてベストな治療を慎重に検討し、外科が得意とする腹腔鏡手術が選択されるケースもある。外科も患者負担の少ない消化器治療をめざしており、年間889件(平成29年4月〜平成30年3月)の手術のうち、7割近くを侵襲性の低い腹腔鏡で実施。最近では消化器内科・消化器外科の医師が一体となり、腫瘍の切除を最小限に抑える腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術(LECS)を行うなど、常に進化を続けている。
「今後も消化器内科・消化器外科の連携を深め、より良い治療を提供できるよう尽力します」と外科医長の吉川貴久先生。
地域との連携も重視しており、紹介元への迅速・丁寧な経過報告や素早い救急受け入れなどに努め、地域開業医との絆を深めている。

下肢静脈瘤治療

血管外科が専門の医師が在籍
下肢静脈瘤治療は日帰り手術も

2018年4月に赴任した大住幸司外科医長は、消化器外科に加え、血管外科が専門。下肢静脈瘤などの血管外科疾患の診療も積極的に行っている。「日帰りでのストリッピング手術やレーザー治療だけでなく、合併症のある方や外来治療に不安のある方には入院していただいた上での手術を行っています」。さらに末梢動脈疾患に関しては心臓血管外科の医師と柔軟に連携。スピーディーな治療を実践している点も、大きな特徴だ。

血管の手術もできる消化器外科医師をめざし、消化器・血管疾患の両方を数多く経験してきた大住医長

血管の手術もできる消化器外科医師をめざし、消化器・血管疾患の両方を数多く経験してきた大住医長

心臓血管部門

24時間365日診療する体制で
心臓や大動脈への高度医療を展開

心臓血管外科と循環器内科の抜群の連携によって、先端設備を駆使した高度治療を施行する心臓血管部門。豊富な経験を誇るエキスパートが、24時間365日体制で心臓や大動脈への専門的な医療を展開。急性大動脈スーパーネットワークにおける、重点病院の一つとして地域に貢献している。

遠田 賢治先生

循環器内科医長
遠田 賢治先生
1993年浜松医科大学医学部卒業。東京女子医科大学、聖隷浜松病院勤務、東日本循環器病院循環器内科医長、立正佼成会附属佼成病院循環器内科医長などを経験し2008年より現職。専門分野は不整脈、カテーテルアブレーション、植え込みデバイス治療、カテーテルインターベンション。

澤 重治先生

心臓血管外科部長/心臓血管部門長
澤 重治先生
1983年金沢大学医学部卒業。同大学附属病院第一外科、富山赤十字病院心臓血管・呼吸器外科、横浜栄共済病院胸部心臓血管外科にて研鑽を積み2008年に荻窪病院へ。専門は成人心臓外科・弁膜症外科・冠動脈外科。慶應義塾大学病院心臓血管外科非常勤講師。日本外科学会外科専門医。

 

住民に身近な病院でありながら、心臓や大動脈などへの高度な治療を提供する循環器内科と心臓血管外科。経験豊富な医師が24時間365日体制で治療に臨む。
取り扱う疾患は心臓・血管疾患のほぼ全領域に及び、心臓血管部門は大動脈解離など緊急治療を要する疾患に対応できる大動脈疾患の重点施設でもある。
心臓血管外科の大きな特徴の一つは、自己心膜を用いた大動脈弁再建術だ。
「金属の人工弁を使用しない大動脈弁再建術は術後の投薬治療の必要がなく、患者さんの負担軽減にもつながります」と澤重治部門長。澤先生は患者からの質問をメールで受けつけ、医師の立場から回答する「相談メール」を開設。さらに一人でも多くの患者を救うべく地域の循環器内科医と積極的に交流し、手術が必要な患者をよりスムーズに同院に紹介できる体制の強化にも注力している。
一方、年間約1000件のカテーテル症例(平成29年4月〜平成30年3月)を持つ循環器内科は常勤医9人体制で、心筋梗塞などの救急患者や地域の開業医からの紹介患者の診療に尽力する。不整脈治療を専門に行う循環器内科医長の遠田賢治先生は、3次元マッピングシステムを採用した不整脈のカテーテル治療など先進的な治療も積極的に実施。「高齢化に向けて地域医療の発展に尽力していきたい」と話す。また閉塞性下肢動脈疾患の治療も行っており、幅広い診療で地域の循環器治療の要としての役割を果たす。

access.png

↑TOPへ戻る