全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,025件の情報を掲載(2022年11月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 目黒駅
  5. 東京大学医科学研究所附属病院
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 外科

最終更新日:2022/09/30

東京大学医科学研究所附属病院

1
  • 東京都港区白金台4-6-1
    • 内科
    • 血液・腫瘍内科
    • 感染症内科
    • アレルギー科
    • 外科

    • 脳腫瘍外科
    • 緩和ケア内科
    • 放射線科
    • 麻酔科
    • すべて見る

外科

診療科・部門紹介

チーム医療で術後の早期回復に注力。「紹介から退院までを1ヵ月」を掲げ、大腸がん・胃がん治療に取り組む

「確実」そして「安全」な手術を行い、患者に「安心」を提供することをモットーとして掲げ、個々の病状に合わせた治療に取り組む。腹腔鏡手術の専門家が多数在籍し、大腸がんや胃がん、潰瘍性大腸炎など、消化器疾患の外科治療に関する多くの実績を持つ。さらに、外科の医師や麻酔科の医師、病棟看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士など多職種が連携し、術後の回復力の強化を目的とした一連のプログラム「ERAS(イーラス)」に注力。医学的エビデンスに基づき、術後の早期回復をめざす。2021年度から直腸がんに対するロボット手術を保険診療として実施している。

1

術前から術後までチーム一丸となって取り組んでいる

20210716 2

直腸がんに対するロボット手術

スタッフ紹介

責任者

20220907 dr

志田 大科長

1996年東京大学卒業。大腸がんの治療を専門に、腹腔鏡手術やロボット手術など低侵襲で行う手術を得意とする。茨城県立中央病院、東京都立墨東病院を経て、2013年国立がんセンター中央病院大腸外科・医長。2020年9月より現職。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医。

メッセージ

患者さんが病気で悩む期間を1日でも減らすことのできるように、当科では「ご紹介から手術、退院まで1ヵ月で完結」という目標を掲げ診療しています。当病院からの見晴らしも良く、緑豊かな場所でのんびりと入院生活を送りたい方にも良い環境ではないでしょうか。ご満足いただける医療を提供できるよう尽力しますので、大腸がん、胃がんをはじめとする消化器診療はぜひ当科にお任せください。

スタッフ

1

愛甲 丞先生

2000年東京大学医学部卒業後、がん研究会有明病院、東京大学医学部附属病院などを経て、2020年より現職。専門は胃がんや食道がん、高度肥満症への腹腔鏡、ロボット手術。特に胃がん、GIST(消化管間質腫瘍)の低侵襲手術を得意とし、術後早期回復するための栄養や運動療法にも注力。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医。日本内視鏡外科学会評議員。

20220907 dr2

阿彦 友佳先生

2012年新潟大学医学部卒業。長岡中央綜合病院、山形県立中央病院での勤務を経て、国立がん研究センター中央病院でがん診療について幅広く学び、2020年9月より現職。専門は消化器外科学、特に大腸がんの腹腔鏡・ロボット手術を得意とし、看護師・薬剤師・栄養士らとのチーム医療に力を入れている。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医。「”笑顔”で診療にあたることを大切にしています」。

20220913 dr

小野山 温那先生

2007年徳島大学医学部卒業。東京都立墨東病院、東京都立駒込病院、東京大学医学部附属病院、日本赤十字社医療センターで研鑽。2022年4月より現職。専門は消化器外科学、特に胃がんの腹腔鏡手術が得意。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医。「少しでも前向きに治療に取り組めるよう、患者さん一人ひとりに寄り添ってしっかりとサポートします」。

20220912 dr4

柵山 尚紀先生

2007年東京慈恵会医科大学卒業。東京慈恵会医科大学附属柏病院、東部地域病院、国立がん研究センター東病院を経て2022年4月より現職。大腸がんの腹腔鏡手術を得意とする。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医。「患者さんの不安を受け止め、それを和らげながら、かつ効果的な治療を行っていきたい」。

20220912 dr5

小島 成浩先生

2003年三重大学医学部卒業。千葉大学医学部附属病院、彩の国東大宮メディカルセンター、国立がん研究センター東病院などを経て2022年10月より現職。専門は消化器外科学、特に鼠径ヘルニアと大腸がんの腹腔鏡手術。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本ヘルニア学会評議員。「患者さん一人ひとり、手術一つ一つを大切にし、手術の合併症を減らすべく繊細かつ丁寧な手術を心がけています」。

ピックアップドクター

診療実績

疾患名・治療名
診療実績
大腸がん手術
136
結腸がん(開腹)
2
結腸がん(腹腔鏡下)
72
直腸がん(開腹)
1
直腸がん(腹腔鏡下)
36
直腸がん(ロボット)
25
胃がん手術
16
肛門疾患手術
9
虫垂炎手術
18
大腸憩室炎手術
2
胆石症手術
17
そけい(鼠径)ヘルニア手術
12

※【期間】2021年1月~2022年3月

紹介医療機関の先生方へ

当院では「顔の見える双方向の医療連携」を大切にしています。お電話にて地域医療連携室にご連絡いただければ、その翌日には志田大医師による外来を予約していただけます。「ご紹介から手術、退院まで1ヵ月で完結」を掲げていますが、その間にメールや文書にて初診完了のご報告や治療・手術方針や術後の経過について、退院のご報告など、こまめに情報共有を行っていきます。もちろん、初診の前に、メールなどで情報共有を行っていただくことも可能です。シームレスな連携に努めていますので、安心して当院にご紹介いただければと思います。

関連記事

access.png