科を超えたチーム医療で、地域の急性期医療を担う昭和大学病院 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8175件掲載中(2019年04月25日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
23786 ma 1 1375688718

昭和大学病院

真心を尽くす医療人の育成と地域連携の充実、高度医療の追求で、進化をやめない医療拠点

特定機能病院/臨床研修病院/がん診療連携拠点病院/エイズ治療拠点病院/東京都災害拠点病院

高度医療の実践と身近な医療の両輪で
地域に貢献する大規模医療拠点病院

板橋 家頭夫病院長

板橋 家頭夫病院長

小児医学・新生児医学を専門とし、昭和大学医学部卒業後、同大学病院にてNICU退院後の新生児のフォローアップを担当。新生児集中治療を中心に周産期母子医療などに尽力。2016年4月より現職。日本小児科学会・日本小児医療保障協議会合同委員会委員、日本新生児成育医学会理事を務める。関係論文多数。日本小児科学会小児科専門医。

東京都城南地区の大規模医療拠点として、地域の急性期医療を担う『昭和大学病院』。815床を有する同院は、先進医療を含む高度医療を提供する特定機能病院の役割を担い、三次救急医療機関として、多くの重症患者の救命にも尽力している。地域全体で医療を完結させることを目的に、あらゆる診療科を設けている同院。その特徴の一つは、同院に長く根づいてきた「科を超えたチーム医療」だ。平成30年には、小児循環器・成人先天性心疾患、てんかん診療などを部門化。同大学附属東病院の睡眠医療、呼吸ケアの部門と合わせて、異なる科の医師が連携する包括的診療を開始した。大学病院でありながら、親しみやすく頼れる存在として地域住民から認知され、近隣医療機関との「顔の見える病診連携」にも注力。昭和大学9医療施設の本院として高度医療を追求しつつ、「至誠一貫」の理念のもと真心を尽くす良き医療人を育て、患者にとって身近な医療を提供し続ける。

小児循環器・成人先天性心疾患部門

胎児期を含む小児から成人までの
先天性心疾患に高いレベルで対応

同院では、生まれつきの心臓病や、小児期に発症する川崎病の冠動脈瘤、心筋症、心筋炎、肺高血圧、不整脈などの後天性心疾患の診療にも注力。胎児期からの管理だけでなく、成人した後も生涯にわたって管理が必要な心臓病に対して、カテーテル治療や小児心臓血管外科の専門家がチーム医療で対応している。

宮原 義典先生

小児循環器・成人先天性心疾患部門
宮原 義典先生
1999年岡山大学医学部卒業。神戸中央市民病院、心臓病センター榊原病院、岡山大学病院、国立循環器病センターで心臓外科研修に従事。自治医科大学で小児心臓手術経験を重ね、2015年より昭和大学横浜市北部病院循環器センターの心臓外科主任。2018年に昭和大学病院小児心臓血管外科准教授に就任。

富田 英先生

小児循環器・成人先天性心疾患部門長
富田 英先生
日本における先天性小児疾患のカテーテル治療の先駆的存在。国立循環器病センター医長、主任教授、昭和大学横浜市北部病院小児循環器センター教授などを経て、2018年昭和大学病院小児循環器・成人先天性心疾患部門長に就任。日本Pediatric Interventional Cardiology学会保険診療担当理事。

平成30年1月に開設された小児循環器・成人先天性心疾患部門では、胎児期を含む子どもから成人期の治療に至るまで、対象疾患を持つ患者の生涯にわたる診療を基本コンセプトとしている。一般的に、先天性心疾患は生前や生後の早い時点で診断されることが多いが、乳幼児健診や就学時健診、または成人後に見つかることもあるという。同部門はさまざまなタイミングでの治療に対応するほか、産科の医師が超音波検査で見つけた胎児の心臓病を早い時期から治療するといった、スペシャリストがそろっている。
成人の心臓病治療は、主に低侵襲のカテーテル治療で行われる。同部門は日本国内の先天性心疾患のカテーテル治療において、主導的な立場を自負している。その中心となるのが、富田英部門長だ。
「先天性の心臓病は全般的に、手術とカテーテル治療が車の両輪のような役割を果たしています。一つのチームとして外科の先生とともに病気を診ていく体制が、当部門の特徴です」と富田部門長。
もう一つの車輪である乳幼児の心臓外科手術を担当する宮原義典先生は、小児科・麻酔科の医師、看護師、臨床工学技士との連携でレベルの高い治療を提供している。「赤ちゃんの手術では、術後長期間影響が出ないクオリティーの高い手術を心がけています」と話す宮原先生。
数カ月に1度、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の佐野俊二先生が特任教授として来院・執刀していることも、同部門の体制を強化している。また、新しい低侵襲治療に必要な医療機器の治験も計画しており、今後も国内の先天性心疾患治療の発展に貢献していく。

海外における医療貢献

先天性心疾患に対するカテーテル治療のエキスパートである富田部門長は、モンゴル、ミャンマー、ウズベキスタンの3カ国で技術指導にあたるほか、現地で円滑に治療を行うためにNPO法人の立ち上げも行った。「18年の長きにわたる交流の中で、各国とも受け入れ体制が整ってきています」と話す富田部門長を筆頭に、今では同部門の若手医師やスタッフたちも、自ら手を挙げて現地に飛んでいるという。海外での医療貢献の拠点となっている同部門だ。

モンゴルでのカテーテル治療を行う富田部門長。現地で一人でも多くの命が救われるよう、技術指導に励む

モンゴルでのカテーテル治療を行う富田部門長。現地で一人でも多くの命が救われるよう、技術指導に励む

てんかん診療部門

難治性てんかんに対応できる数少ない専門家の一人である佐藤洋輔先生

難治性てんかんに対応できる数少ない専門家の一人である佐藤洋輔先生

外科手術を含め、服薬での治療も。患者の病態に合わせた治療を模索している

外科手術を含め、服薬での治療も。患者の病態に合わせた治療を模索している

服薬と外科治療を柱に
4つの科で包括的な診療を提供

国内に100万人前後の患者がいると推定されるてんかん。地域からのニーズが高い一方で、これまで専門的に対応できる医療施設が少なかった中、同院では平成30年4月から部門化。内服治療に加え、難治性てんかんには外科的治療も行う。病変を可視化する技術など、新しい医療技術開発の役割も果たす。

小児科、脳神経外科、脳神経内科、精神神経科を主体に、新生児から成人までのてんかんと、てんかんが疑わしい発作症状の診療を行う同部門。その大きな特徴は、難治性てんかんに対する外科的治療が可能なことだ。てんかん発作を起こす部分の切除、片側大脳半球切除・離断術、迷走神経刺激療法(VNS)など、病態に合わせて治療内容を選択。
カナダの小児病院でてんかん外科診療に従事した後、同部門の外来を担当する佐藤洋輔先生は「てんかんの外科手術は欧米では一般的な治療で、1歳児でも行います。まずは、そういう治療法があることを知ってもらいたいですね」と語る。
また、同部門は日本におけるてんかんの外科治療のけん引をめざすだけでなく、てんかんの病変を可視化する技術の開発研究施設や、てんかんの専門家を志す若手医師の育成施設としての役割も担う。
「患者さんにとってつらいのは、発作によって日常生活や職務に支障を来してしまうことです。その発作を抑制する手段を探していきたいと思います」

救急医療体制

総合診療部門長の齋藤司先生。モットーは「疾患を診るのではなく、一人の人間として診ること」

総合診療部門長の齋藤司先生。モットーは「疾患を診るのではなく、一人の人間として診ること」

救急科長の土肥謙二先生。救急診療や災害医療のみならず、地域住民向けの啓発にも力を注ぐ

救急科長の土肥謙二先生。救急診療や災害医療のみならず、地域住民向けの啓発にも力を注ぐ

院内の随所に設置されているAED

院内の随所に設置されているAED

近隣地域の最後の砦として
「断らない救急」の確立をめざす

重症度・緊急度がともに高い患者を受け入れる三次救急医療機関として24時間体制で診療する同院の救命救急センター。救急車などで搬送されてくる重症患者の数は年間1000人に及ぶ。同院は「断らない救急医療」の実践に向け、三次救急患者のみならず、一次、二次救急患者の受け入れも積極的に行っている。

近隣地域の「最後の砦」として尽力する同院の救命救急センター。三次救急医療機関として重傷者専用病床20床を有し、重症度、緊急度がともに高い患者を24時間体制で受け入れている。大学病院だからこそ可能な高度医療を提供する一方、患者の状況に合わせて院内の他科や地域の病院、クリニックなどへ振り分ける役割も担っているのが特徴だ。三次救急部門を率いる救急科長の土肥謙二先生は「救命救急センターは患者さんが選んで来られる場所ではありませんが、かかりつけ医のバックには必ず私たちがいます」と話す。
また、比較的軽症な一次、二次医療を必要とする救急患者には、総合診療部が対応。「時間外の患者さんの場合、いったん入院していただくことで、スピーディーかつ手厚い医療を実現しています」と話すのは、総合診療部門長の齋藤司先生。24時間365日、すべての救急患者に適切な急性期医療を提供する「断らない救急」の確立に向け、救命救急センターとの両輪で活動している。

eICU(遠隔集中治療患者管理プログラム)

eICU導入の発案者でもある大嶽浩司副院長

eICU導入の発案者でもある大嶽浩司副院長

ICU室長の小谷透先生。連携先の病院へ行き来しながらチーム力向上にも努めている

ICU室長の小谷透先生。連携先の病院へ行き来しながらチーム力向上にも努めている

24時間365日の経過観察が、遠隔モニタリングにより可能に

24時間365日の経過観察が、遠隔モニタリングにより可能に

少ないリソースでの最善の医療を追求
専門の医師と患者を結ぶ「eICU」

サポート部門と複数の病院のICUをネットワークで結び、患者の様子を遠隔地からモニタリングする「eICU」(遠隔集中治療患者管理プログラム)。集中治療を専門とする医師が不足する今、全国に分散するプロフェッショナルの力を一つにすることで、患者と医療現場両方に多くのメリットを生んでいる。

社会全体の高齢化によって、慢性的な複合疾患のある患者が増えていることから、ICUの必要性が高まっている一方で、集中治療を専門とする医師は少なく、現場は人手不足の問題を抱えている。解決策の一つとして注目されるeICUは、サポート部門と複数の病院のICUをネットワークで結び、患者の様子を遠隔地からモニタリングするシステムだ。同院では、集中治療室での治療に従事し、多くのICU立ち上げに携わってきた小谷透先生のもと、早くからeICUを導入。これによって、恒常的な経過観察が可能になった。
「ICUの目的は早期退院ではなく、早期社会復帰です。少ないリソースで適切な医療をしかるべきタイミングで提供するeICUは、実効性のあるソリューションといえると思います」と、その可能性に期待を寄せる大嶽浩司副院長。全国に散らばる集中治療のプロフェッショナルの力を結集させ、致死率低下だけでなく、現場の待遇改善に伴う患者への間接的なメリットも見込める。

地域医療連携

和気あいあいとした明るい雰囲気を大切に、スタッフが相談に応じている

和気あいあいとした明るい雰囲気を大切に、スタッフが相談に応じている

パンフレットなどで「かかりつけ医」を持つ大切さを啓発している

パンフレットなどで「かかりつけ医」を持つ大切さを啓発している

多職種共働で入退院をサポート
地域と病院の円滑な連携を担う

患者と家族、そして病院と地域が円滑につながるための軸となる同院の総合相談センター。地域の病院やクリニックに対する窓口として機能するほか、患者の入退院や転院までをサポートする役割を担っている。経済的な困窮や高齢者支援施設の紹介についてなど、多様化する相談にもきめこまかに対応している。

地域医療連携を担う総合相談センターには、医療ソーシャルワーカー、事務職員、退院調整看護師が在籍し、地域医療連携と転院や退院後の在宅医療へ向けての患者支援に従事している。地域連携では、地域の開業医と同院を結ぶ懸け橋として、信頼関係の構築に注力。紹介患者の受診予約や逆紹介の推進活動のほか、医療機関を定期的に訪問し、そこで集めた同院への要望を迅速な業務に生かす取り組みを行っている。
退院支援では、退院した後も安心して自宅で過ごせるよう入院早期から患者と家族に寄り添い、幅広い相談に対応。独居高齢者にリハビリテーション設備のある病院や在宅支援を行う施設を紹介したり、経済的に困窮している高齢者の相談に乗ったりと、多様化する相談内容に合わせ、状況に応じた対応を心がけているという退院調整看護師の板垣友子さん。
「医師や看護師に病気の相談はできても、プライベートな話はしにくい場合もあります。そんなときこそ、総合相談センターを頼ってほしいですね」

院内環境

気分がふさぎがちな入院生活も、周りの環境次第で変わるもの。同院の入院棟には、子どもの患者のための院内学級や、見舞いに来た人や入院につき添う家族が気軽に利用できるレストランなど、さまざまな施設が完備されている。

レストラン

レストラン

食事だけでなく、喫茶でも利用できる。東京を一望できる窓際の席が人気

入院棟の最上階である17階には、レストランが設けられている。多彩かつおいしいメニューにより、患者やその家族をはじめ、同院を訪れた人すべてにとっての憩いの場となることをめざしている。周囲に高い建物が少なく見晴らしが良い環境の中、全面ガラス張りの窓からの眺望とともにランチやディナーなどを楽しむことで、入院中の気分転換にも活用してもらう狙いだ。

さいかち学級

さいかち学級

子どもの体を治す病院の中で、「心」を元気にするのが院内学級の役割の一つ

同院に入院中の小学生が、入院しながら通うことができる院内学級「さいかち学級」。実は同院に隣接する品川区立清水台小学校の一部であり、教壇に立つのは同小学校の先生。同院における子どもの患者の入院期間は長くないケースが多いそうだが、たとえ短期間でも学習を継続するとともに学習できる場を保証し、子どもの居場所をつくることで、「自分は必要な存在だ」と感じてほしいという願いが込められている。

無菌室の増床

血液疾患に関わる患者が安心して過ごせるよう配慮

同院では2018年8月、新たに個室3部屋と2人部屋の無菌室が開設され、計12床(完全無菌の個室が6床、準無菌の2人部屋が6床)に。無菌室では主に急性白血病や悪性リンパ腫などの造血器腫瘍や、再生不良性貧血などの造血不全症に対し、同種造血幹細胞移植が行われる。また、自家末梢血幹細胞移植や強力な化学療法などにより、骨髄抑制が強くなると予想される場合にも、必要に応じて使用。2017年、同種造血幹細胞移植症例数は200症例を超えたという。「病棟スタッフ一同、また新たな気持ちで患者さんを迎え、より充実した患者ファーストの診療を進めていきたいです」と血液内科の服部憲路先生。

患者が安らげるようベッドサイドには温かい色の照明を設置

患者が安らげるようベッドサイドには温かい色の照明を設置

 

関連病院・昭和大学病院附属東病院

睡眠医療部門

優しい語り口の安達太郎先生。睡眠時無呼吸症候群は、逆流性食道炎、緑内障、多血症、認知症などとの関係を示す報告も多数されているという

優しい語り口の安達太郎先生。睡眠時無呼吸症候群は、逆流性食道炎、緑内障、多血症、認知症などとの関係を示す報告も多数されているという

科を超えたチームで診療にあたる睡眠医療部門。昼間に眠気やだるさを感じる、夜中に目が覚める、起床時の頭痛などの症状がある人の受診を勧める

科を超えたチームで診療にあたる睡眠医療部門。昼間に眠気やだるさを感じる、夜中に目が覚める、起床時の頭痛などの症状がある人の受診を勧める

各科の得意分野を生かし
睡眠に関わるあらゆる問題に対応

日常生活に影響を及ぼし、高血圧や虚血性疾患、不整脈などを高確率で合併するといわれる睡眠時無呼吸症候群に対し、呼吸器内科、循環器内科、耳鼻咽喉科、精神科などの連携による診療を行う睡眠医療部門。過眠症、概日リズム睡眠障害にも対応している。

平成30年4月、「昭和大学病院附属東病院」内に、睡眠に関わる疾患をトータルで診療する睡眠医療部門が開設。睡眠時無呼吸症候群の治療を中心に、むずむず脚症候群、過眠症、概日リズム睡眠障害、レム睡眠行動障害にも対応している。循環器内科を専門とする安達太郎同部門長は、心房細動患者の夜間の発作に着目し、睡眠時無呼吸症候群との関係を研究。アメリカの専門施設で学んだ後、同院で1泊入院して行う検査を開始した。部門化したことで、呼吸器内科、循環器内科を中心に精神科や耳鼻咽喉科、歯科などとも連携。大学病院ならではのアプローチで、睡眠に関わる多様な疾患の治療が可能になった。「何科を受診すればいいのかという悩みが解消され、受診しやすくなったという患者さんも多いですね」と安達部門長。通院負担減のため遠隔モニタリングでの診療を導入。検査希望の増加に応え、増床も予定している。

呼吸ケア部門

Quality of Breathing(呼吸の質)の向上をめざし、呼吸関連の疾病に対する治療、療養や社会生活の維持など呼吸に関わるすべてに対応する相良部長

Quality of Breathing(呼吸の質)の向上をめざし、呼吸関連の疾病に対する治療、療養や社会生活の維持など呼吸に関わるすべてに対応する相良部長

咳や息切れといった症状が見られるときに、スパイロメーターと呼ばれる測定器を用いて行う肺機能検査。肺の換気機能や容量などを調べる

咳や息切れといった症状が見られるときに、スパイロメーターと呼ばれる測定器を用いて行う肺機能検査。肺の換気機能や容量などを調べる

COPD(慢性閉塞性肺疾患)や
呼吸に関わるすべてに幅広く対応

呼吸器疾患の治療に加え、リハビリテーションを含む長期的な形でのサポートを行う呼吸ケア部門。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療では、治療による身体活動性の向上をめざし、呼吸の方法を学ぶための入院も実施。呼吸に関わる幅広い支援を行っている。

呼吸するだけで健常者の10倍ものカロリーを消費し、息苦しさのために十分な食事が摂取できず、痩せていくのが特徴のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)。この疾患に重要な薬物治療とリハビリを組み合わせ、患者の身体活動性の向上をめざしているのが同院の呼吸ケア部門だ。呼吸器をどういう形で患っているのか、患者自身が認識を持つための教育入院、治療、リハビリ、食事指導、運動指導を含め、患者独自のプログラムを作成しサポート。
「酸素効率が良くなる食事や一回の量を減らして回数を増やす食事法、楽に階段や坂を登ることができる呼吸法、寝ながらできるリハビリなどを組み合わせた患者さんのサポートが、われわれの使命だと考えています」と話すのは、呼吸器内科が専門の相良博典部門長。喫煙習慣がある、40歳以上、咳や痰が長く続いているという人には、早めの受診、検査を勧めている。

access.png

↑TOPへ戻る