全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,043件の情報を掲載(2021年9月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 大田区
  4. 蒲田駅
  5. 社会医療法人財団仁医会 牧田総合病院
  6. 足の付け根、膝の痛みの解消に 股関節と膝関節の人工関節置換術

足の付け根、膝の痛みの解消に
股関節と膝関節の人工関節置換術

社会医療法人財団仁医会 牧田総合病院

(東京都 大田区)

最終更新日:2021/07/30

MainMain
  • 保険診療

加齢などの原因により関節が変形してしまうことで痛みが発生する膝関節や股関節の変形性関節症。そして、変形してしまった関節を人工のものに入れ替えることで「痛みや日常生活に大きな制限がなく、一般的なスポーツも行えるようになることをめざせます」と話すのが、「牧田総合病院」の平出周整形外科部長だ。一方で、いきなり手術を行うのではなく、投薬やリハビリテーションなどによって、日常生活に大きな影響を与えない程度に痛みを軽減させることも期待できるという。そこで、大学病院のバックアップも受けながら行っている同院の人工関節手術の内容や変形性関節症の治療の進め方などについて、平出先生に教えてもらった。(取材日2021年7月5日)

精密な人工関節手術と早期からのリハビリテーションで関節の痛みの改善をめざす

Q人工関節置換術とは、どのような手術なのでしょうか?

A

手外科などが専門である、整形外科部長の平出先生

加齢やスポーツなどによる外傷が原因の膝関節や股関節の変形性関節症や関節リウマチなどが原因で、関節の軟骨がすり減り骨が露出していることで痛みがある場合に、傷んだ関節を取り除き、人工の関節に入れ替える手術です。人工関節自体は金属でできていて、軟骨の代わりには超高分子量ポリエチレンという硬いプラスチックを使います。また、変形性膝関節症の患者さんにはO脚の人、変形性股関節症の患者さんでは足の長さが左右で違っている人も少なくありませんが、手術では同時にそれらの修正も対応できます。手術時間は、膝関節や股関節の人工関節置換術で1時間半前後です。また、肘や肩、指の関節などにも人工関節手術を行うことができます。

Qどのような人が手術の対象になりますか?

A

あらゆる治療選択肢を検討した上で、手術の有無を決定していく

関節に痛みがあってもいきなり人工関節の手術をするのではなく、まずは飲み薬や外用薬などの痛み止め、ヒアルロン酸注射、筋力トレーニングなどのリハビリテーション、装具療法などの保存療法を行うのが基本です。関節に変形があってもこれらの治療で、問題なく日常生活が送れるようになることもめざせます。しかし、それらの治療でも痛みが取れず日常生活に悪影響を与えている場合には、人工関節に入れ替える手術を検討することになります。手術後はリハビリテーションが必要になりますが、一般的なスポーツなどは、ほぼ支障なくできるようになることが望めます。

Q こちらの病院ならではの特色はありますか?

A

同院では股関節、膝関節それぞれ専門の医師が治療を担当

当院の常勤の医師に加え、東京慈恵会医科大学整形外科学講座より膝関節を専門とする斉藤充教授と股関節を専門とする藤井英紀准教授が非常勤で、それぞれ専門領域の治療にあたっています。また、股関節の人工関節手術では、以前は後ろ側から行うのがスタンダードでしたが、当院では筋肉を切開する必要がないことから術後の脱臼が少なくリハビリテーションにも有利な前側からの手術をできるだけ行うようにしています。さらに、クラス1000というクリーン度の高い手術室で手術を行い感染の予防に努めているほか、股関節の関節鏡の専門家でもある藤井先生は、人工股関節置換術に加え、股関節唇損傷などの鏡視下手術も行っています。

Q手術後は、リハビリテーションが必要ですか?

A

手術では、できるだけ腫れや痛みを軽減できるよう工夫をしている

はい。当院では、できるだけ早期からリハビリテーションを行っており、手術の翌日には車いすに乗ってもらい、2日目からは歩く練習を開始しています。そのため、手術ではできるだけ出血を抑え手術後の腫れが少なくなるようにしたり、麻酔科の医師が末梢神経ブロックを行うことで術後の痛みの軽減につなげたりしています。手術前もある程度歩けていた方では、だいたい2〜3週間のリハビリテーションを行い退院となりますが、もともと症状がひどく歩けていなかった方の場合は、その期間だけでは足りないことも。そのようなときは、当院の地域包括ケア病床やグループ内の回復期リハビリテーション病院に移りリハビリを続けてもらうことが可能です。

Q診療の際に心がけていることはありますか?

A

患者と相談した上で治療方針を決定することを大切にしている

現在、人工関節は20〜30年持つといわれていますが、骨が弱いままで放置していると人工関節が緩んできてしまうことがあります。ですから、人工関節の手術をする患者さんには、必ず骨粗しょう症の検査や必要な場合は治療をすることで、手術後の人工関節が少しでも長持ちさせられるよう心がけています。また、すぐに手術をするのではなく、まずは保存療法を行い、画像所見をはじめとする検査結果も評価し、総合的に診断し、患者さんと相談して治療方針を決めていくことを大切にしています。また、保存療法と手術の中間の治療方法として、多血小板血漿(PRP)の活用にも現在注目しています。

患者さんへのメッセージ

平出 周 整形外科部長

1997年東京慈恵会医科大学卒業。同附属病院、同附属第三病院、同附属柏病院勤務などを経て2006年より同院。同整形外科副部長を経て2017年より現職。日本整形外科学会整形外科専門医。専門は手外科分野など。

いきなり手術をするわけではなく、まずは投薬や装具の装着、リハビリテーションなどによる治療を行い、それでも日常生活に影響のある場合に手術を検討するようにしています。実際に、手術まではしたくないという患者さんも多いと思いますし、手術をせずとも日常生活に問題がない程度まで回復が期待できる患者さんも少なくありません。そういう患者さんたちの治療もしっかり行っていきたいと考えています。また手術を検討する場合でも、画像などの検査結果だけでなく患者さん本人やご家族の希望も伺い、治療方針を決めるようにしています。膝関節や股関節の痛みを我慢している方は多くいると思いますので、ぜひ相談にきていただきたいと思います。

access.png