聖マリアンナ医科大学東横病院の特徴 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8096件掲載中(2021年04月18日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
15527 ma 1 1419242009

聖マリアンナ医科大学東横病院

地域のニーズをもとに、困ったときにすぐ頼れる地域医療と、三大疾病に特化した専門医療を提供

救急告示医療機関

全科連携でシームレスな医療をめざし
地域医療と専門医療を軸に展開

宮島 伸宜病院長

宮島 伸宜病院長

慶應義塾大学医学部卒業。同大学病院をはじめ関連の総合病院などで経験を積み、2007年より聖マリアンナ医科大学 東横病院消化器外科へ。2014年より現職。専門は消化器外科、一般外科、下部消化管(大腸肛門)疾患、腹腔鏡下手術。日本外科学会外科専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医。

武蔵小杉駅南口徒歩2分の『聖マリアンナ医科大学 東横病院』。若年層と旧来住民の高齢化で二極化が進むエリアで、地域医療と高度医療を提供している。
「脳神経疾患・脳卒中、心疾患、消化器疾患、婦人科疾患などの幅広い疾患に24時間対応。紹介状なしでも診療しています」と宮島伸宜病院長。
複数の診療科の医師が在籍する専門の外来や部門の運営にも注力。生活習慣病や失神など「何科を受診すべきか不明」な症状の受け皿として機能している。「平成30年末には肥満外科手術も実施。これは各科の連携なしには成し得ないものです」とシームレスな医療の実践を語る。
「健康診断や外来でのCTや内視鏡、MRIの検査体制も強化。令和2年度よりロボット支援手術もスタートしました」と話し、早期発見・早期治療に真摯に取り組む。

消化器病部門

両科の連携で消化器病に対応し
根治性・安全性と低侵襲治療を両立

同部門の消化器内科、消化器外科は一体的に運用され、診療科の枠を超えて患者の症状や希望に応じた適切な治療を行うのが特色。患者の体への負担が少ない内視鏡治療、腹腔鏡下手術にも積極的だが、最も優先されるのは治療の根治性・安全性だ。

古畑 智久先生

副院長/消化器部門長
古畑 智久先生
札幌医科大学卒業。東京大学医科学研究所、札幌医科大学附属病院などを経て、2017年聖マリアンナ医科大学 東横病院消化器外科へ。日本消化器外科学会消化器外科専門医。

落合 康利先生

内視鏡部門長
落合 康利先生
埼玉医科大学卒業。大学病院や関連病院、慶應義塾大学病院などを経て、2019年聖マリアンナ医科大学 東横病院消化器内科。日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医。

同部門は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸といった全消化管に加え、肝臓・膵臓などのがんも治療する。消化器内科は早期の食道がん、胃がん、大腸がんの内視鏡治療を得意とし、それらの発見に役立つ内視鏡検査も重視。落合康利部門長は「早期に内視鏡治療を行えば、以前と同様の食生活を送れる可能性が高く、QOL(生活の質)維持にも貢献できます」と言う。
「近年は大型の腫瘍でも、内視鏡先端から出した電気メスで切除するESDという手法によって、痛みがほとんどない内視鏡治療で切除可能です」
必要に応じてカプセル内視鏡、バルーン内視鏡での検査にも対応する。
一方、消化器外科は内視鏡治療で取り切れない腫瘍のような外科手術が必要な消化器がん、鼠径ヘルニアなどの腹腔鏡下手術に力を入れ、多くの手術を実施。必要なら開腹手術も行っている。古畑智久副院長は「腹腔鏡下手術は手術時の傷が小さく、体力回復も早い傾向にありますが、根治性・安全性の確保が大前提です」と話す。
「当部門では、大腸がん手術で病巣切除後の腸をつなぎ合わせる前に、血流状態を特殊なカメラで検査し、縫合不全を防ぐ評価システムも導入するなど、安全性向上に努めています」
また、手術の精度をさらに高められる医療支援機器も導入を検討中だ。
両科は日頃から情報交換を行い、連携はスムーズ。内視鏡治療と腹腔鏡下手術の併用で、病巣以外の切除を最小限に抑える合同手術も得意だ。古畑副院長は「当部門の強みは密接な連携とフットワークの軽さ。患者さんのご不安に、スピーディーに応えることも大切にしています」と語った。

TOPICS

消化器がんのリンパ節転移を
診断する新たなシステムを導入

胃がんや大腸がんなどの手術では、がんの病巣に加え、周囲のリンパ節も摘出することが多い。リンパ節転移があれば全身への転移も考えられ、手術後の抗がん剤治療の必要性が高まるからだ。同院では従来の顕微鏡検査に加え、がんに含まれる遺伝子がリンパ節に存在するかどうかを診断する新たなシステムを導入。併用し、より適切な抗がん剤の使用に努めている。

がん細胞に含まれる遺伝子の増幅から、がんのリンパ節転移を短時間で検出可能な検査システム

がん細胞に含まれる遺伝子の増幅から、がんのリンパ節転移を短時間で検出可能な検査システム

脳神経・脳卒中部門

植田 敏浩先生

副院長/脳神経・脳卒中部門長
植田 敏浩先生

愛媛大学医学部卒業。同大学脳神経外科、アイオワ大学などを経て2008年より現職。日本脳神経外科学会脳神経外科専門医。専門は脳梗塞の診断と治療、脳動脈瘤などに対する脳血管内治療。

頭を切らないカテーテルを使った脳血管内治療。低侵襲治療を積極的に取り入れている

頭を切らないカテーテルを使った脳血管内治療。低侵襲治療を積極的に取り入れている

同部門では緊急の開頭手術にも対応。カテーテル治療と開頭手術の双方を行うことができるのが強み

同部門では緊急の開頭手術にも対応。カテーテル治療と開頭手術の双方を行うことができるのが強み

脳神経疾患・脳卒中に対する
高度で先進的な医療を提供

脳卒中や脳神経疾患に対し、24時間365日体制で高度かつ先進的な医療を実践している脳卒中専門病棟(SCU=Strok Care Unit)。脳神経内科、脳神経外科、脳血管内治療担当のそれぞれがチームを組んで、診療にあたっている。

脳卒中(脳血管障害)だけでなく、頭部外傷やけいれんなどのあらゆる脳神経系の疾患に対して、救急対応から再発予防まで総合的に高度な医療を提供する脳神経・脳卒中部門。救急当番の医師は専用のホットラインを常時携帯し、救急隊や近隣クリニックからの患者を早急に受け入れている。
同部門の大きな特徴は、診療科を超えた医師11人のチームで診療していることだ。頭を切らない脳血管の手術である脳血管内治療を専門とする医師が8人在籍し、急性期脳梗塞に対する血栓を溶かすt‐PA治療や血栓回収療法の実績は豊富だ。そのほか患者の負担を考慮した脳動脈瘤塞栓術、再発予防のための頸動脈ステント留置術、頭蓋内血管拡張術など、先進の低侵襲治療を積極的に行っている。そのような緊急の開頭手術や脳動脈瘤・脳腫瘍などのさまざまな手術を行う際にも脳神経外科と密な連携を取り、一つの診療チームとして治療にあたっている。
外来診療ではあらゆる神経内科的疾患、脳神経外科疾患に対応し、頭痛、物忘れ、ボツリヌス療法、神経内科、脳血管内治療などを専門とする外来を設置し、神経内科と脳神経外科の医師が診療を行っている。
「頭痛、めまい、しびれ、ふらつきなどの症状があれば我慢せず、気軽に受診してください」と植田敏浩副院長。
地域連携にも注力しており、回復期のリハビリテーションを担う地域の病院とスムーズな連携体制を構築。MRI検査・頸動脈エコー検査の依頼や検診目的の紹介も受けているほか、定期的に市民講座を開講するなど、近隣住民へ向けた啓発活動にも力を入れている。

力強いチームワークで患者を支えるスタッフたち。意識が高く、看護師による嚥下評価なども行っている

力強いチームワークで患者を支えるスタッフたち。意識が高く、看護師による嚥下評価なども行っている

TOPICS

血栓回収デバイスで
詰まった血管を再開通させる

t-PA治療では効果のない患者や、発症から24時間以内の患者の緊急カテーテル治療として、新しいステント型のデバイスが薬事承認された。従来より早く高い再開通率を示し、これまで治療できなかった患者を救えるようになった。同院は、24時間体制でこのデバイスを用いた治療を実施。「緊急患者さんは必ず受け入れることを心がけています」と植田副院長。

患者の症状に合わせ、より低侵襲な治療を提供。そこには高度な技術と確かな経験が求められる

患者の症状に合わせ、より低侵襲な治療を提供。そこには高度な技術と確かな経験が求められる

心臓病部門

心臓病部門の田中部門長。他部門とも連携して治療を行う

熟練した医師が緊急カテーテル検査・治療に対応

熟練した医師が緊急カテーテル検査・治療に対応

心筋梗塞、狭心症など心疾患に対し
患者個人に合わせて健康を守っている

心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患に対する治療や予防に日本循環器学会循環器専門医が迅速に対応。心不全治療や生活習慣病予防、心臓リハビリテーション、睡眠時無呼吸症候群治療など幅広く患者の健康を守っている。

心臓病部門では心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患に対して手首の動脈からのカテーテル治療を積極的に実施。低侵襲な治療を実現し、術後の安静時間および入院期間を短縮。患者に優しい医療を追求している。「治療後は心臓リハビリを積極的に行い、安心して退院後の生活が送れるようにしています。個々の患者さんにとって、どんな運動が適しているかを見極めています」と田中修部門長。不整脈・弁膜症治療、心臓外科治療では「聖マリアンナ医科大学病院」本院や近隣病院と緊密な連携を取っているという。
そのほか退院後に備えて、入院中から多職種によるサポートも手厚い。心臓病ケアに詳しい看護師や医療ソーシャルワーカー、管理栄養士や薬剤師でカンファレンスを行い、患者宅近隣のクリニックに情報を共有。連携を強化し、再発予防に努めている。外来は紹介状や予約なしで受診可能。健康診断・人間ドック部門や生活習慣病部門と連携し、予防・診療を行う。

失神部門

古川部門長はイタリア留学を経て、2012年に本院で失神専門の外来を立ち上げた

古川部門長はイタリア留学を経て、2012年に本院で失神専門の外来を立ち上げた

失神の原因を調べるヘッドアップティルト試験の様子

失神の原因を調べるヘッドアップティルト試験の様子

失神の最大リスク、不整脈を防止
原因特定と適切な治療につなげる

脳全体の血流が一時的に低下するために起こる失神。同部門では「気を失う」「目の前が一瞬真っ暗になる」などの症状を、問診・検査で原因特定し、適切に治療。全国から年間約500 人(平成29年4月〜平成30年3月)の患者が訪れている。

ヨーロッパでは、不整脈診療の経験に富む循環器内科の医師によって失神診療部門(Syncope Unit)が運営されている。しかし日本には失神診療を専門とする医師が少なく、患者にはどの診療科を受診すべきかがわかりづらいのが現状だ。イタリアで失神診療を学んだ古川俊行部門長は帰国後、平成24年に聖マリアンナ医科大学病院で週1回の失神専門の外来を立ち上げた。その反響を受け、同病院では平成28年6月に失神部門が常設された。問診や採血、エコー検査、心電図検査を行い、不整脈のリスクを除外するべく、さらに詳しい検査も実施。原因を特定して治療を行い、万一発作が起きた場合に転倒などの二次被害が出ないよう、指導も行う。
「失神には自律神経性の比較的軽症のものから不整脈による高リスクのものまで、さまざまなタイプがあります。何度も症状が出て原因不明であれば、一度当院でのリスク評価をお勧めします」と古川部門長。

婦人科

戸澤 晃子先生

婦人科部長
戸澤 晃子先生

聖マリアンナ医科大学卒業。慶應義塾大学病院、聖マリアンナ医科大学病院を経て、2018年より現職。専門は婦人科腫瘍、内視鏡ほか。日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医。子宮頸がん検査技術の革新をめざす研究にも従事する。

傷口が小さくて済む内視鏡下手術。入院期間が短くなるだけではなく、体への負担も少ない治療を行う

傷口が小さくて済む内視鏡下手術。入院期間が短くなるだけではなく、体への負担も少ない治療を行う

腫瘍から更年期症状まで幅広く対応
病気の早期発見・治療でQOL向上も

同科は良性・悪性を問わず、多様な腫瘍に対する詳細な検査と治療を行い、腹腔鏡・子宮鏡などでの低侵襲治療が得意。さらに生殖医療に関連した高度な検査と手術による治療、更年期症状への対応など、女性のヘルスケアを幅広くサポートする。

同科開設後、近隣の医療機関からの紹介も増加し、手術件数は1年間で218件(平成30年10月~令和元年9月実績)となった。うち117件が腫瘍(悪性・良性)の摘出を中心とした腹腔鏡手術、84件が子宮鏡を使うなどの膣式手術で、体への負担が少ない治療を重視している。」
「低侵襲治療は術後の回復も早く、子宮筋腫のような良性腫瘍なら手術3日後、子宮頸がんなどの悪性腫瘍は手術後1週間ほどでの退院が可能です。もちろん、中には開腹手術が適した症例もあり、当科はその患者さんに適した治療法をご提案します」
同科で最近多いのが、閉経関連尿路生殖器症候群の悩みだと戸澤晃子部長。これは女性ホルモンの減少が原因だといい、尿路・生殖器の痛みや違和感などが続く。原因がわからず同科を勧められて受診し、薬による治療で改善するケースもあるそうだ。
「今後は同症状の治療に自由診療のCO2レーザー治療の導入を検討しています。更年期症状もホルモン治療で緩和できることも多く、さまざまな不調を年齢のせいと諦めず、当科でご相談いただければと思います」
このほか不妊関連のクリニック、一般内科のクリニックから、高度な検査や治療の依頼も増えるなど、地域連携によって女性の生涯のヘルスケアをサポートする環境も整い始めた。
「目下の課題は女性検診の受診率アップ。早期から病気を見逃さず、低侵襲治療を行うことで将来のQOL(生活の質)維持・向上も期待できます。当院では健康診断・人間ドック部門と女性検診部門が協力し、検査体制を拡充していますので、ぜひご利用ください」

TOPICS

子宮頸がんの初期段階なら
1泊2日での手術治療も可能

子宮頸がんは40代までの罹患率、死亡率が高いものの、早期発見・治療の場合、予後は比較的良好といわれる。同科では初期病変(高度異形成)に対し、病巣を切除する円錐切除術のほか、半導体レーザーの照射で蒸散させる低侵襲治療も行う。ほとんどは1泊2日での手術で、仕事や家庭への影響が少ないため、適応があればレーザー蒸散術を選ぶ患者は多い。

患者に適した選択肢を見つけ、負担を減らすことを心がけている

患者に適した選択肢を見つけ、負担を減らすことを心がけている

生活習慣病部門

太田 明雄先生

生活習慣病部門長
太田 明雄先生

聖マリアンナ医科大学卒業。専門は糖尿病、脂質異常症。現在は聖マリアンナ医科大学 東横病院生活習慣病部門長として、生活習慣病の予防・治療に尽力。日本内科学会総合内科専門医。

さまざまな医療職が連携
生活習慣病を治療し、合併症を予防

平成27年4月に新設された生活習慣病部門は、生活習慣の乱れから起こる糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、肥満症などを診療。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師から成るチームで生活習慣病の治療に取り組む。

生活習慣病の治療には、食事の偏りや運動不足、喫煙・飲酒習慣の是正が不可欠だ。同部門では日本糖尿病学会糖尿病専門医、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師らがチームを組み、薬の処方のみならず、日常的に実践可能な運動や栄養面のサポートも行う。さらに、糖尿病では患者個々の生活背景を踏まえつつも、必要ならば外来でもインスリン治療を導入。また、1型糖尿病患者には、決まったタイミングで自動的にインスリンを注入するインスリンポンプ療法も提供している。
「合併症予防にはヘモグロビン・エーワンシー(HbA1c)のような血糖指標の単なる改善だけでなく、持続糖濃度測定(CGM)を行いながら、人によって異なる『血糖変動』を解消することが大切です」と太田明雄部門長はCGM専門の外来における取り組みを語る。
運動療法では入院・外来を問わず患者の身体能力を評価し、その人に合ったプログラムを提供。医療用体組成計や3次元振動マシンを用いた、効率的かつ安全面に配慮したトレーニング法も取り入れている。
さらにフットケア専門の外来では、糖尿病合併症である末梢神経障害の診断や、それによる足病変(巻き爪、たこ、うおのめなど)を治療し、潰瘍・壊疽を予防。太田部門長が特許を取得した足爪専用の研磨剤を用いて、衛生面にも配慮した処置を行っている。
このほか狭心症・心筋梗塞や脳梗塞を招く脂質異常症や高血圧、肥満症の横断的治療、さらに甲状腺疾患を含む各種内分泌疾患の診断・治療も同部門で手がける。

太田部門長を中心に医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師らがチームとなって診療

太田部門長を中心に医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師らがチームとなって診療

3次元振動マシンによる効率的かつ安全に配慮した筋力トレーニング

3次元振動マシンによる効率的かつ安全に配慮した筋力トレーニング

糖尿病に多い下肢末梢神経障害を調べる簡易型の神経伝導検査機器

糖尿病に多い下肢末梢神経障害を調べる簡易型の神経伝導検査機器

糖濃度のリアルタイム測定で、1型糖尿病のインスリンポンプ療法を行う

糖濃度のリアルタイム測定で、1型糖尿病のインスリンポンプ療法を行う

糖尿病患者の足病変を治療し、潰瘍化を予防するフットケア

糖尿病患者の足病変を治療し、潰瘍化を予防するフットケア

TOPICS

血糖値の連続測定で
血管合併症や認知症の予防へ

最長2週間の血糖値を連続測定できる持続糖濃度測定器を活用。1型糖尿病の治療では、グルコース濃度を測定しながらインスリンポンプ注射を行う「SAP療法」も選択可能だ。2型糖尿病も対象となるCGM専門の外来もあり、CGMは血管合併症に関わる「血糖変動」の評価や、高齢患者に多い「無自覚性低血糖」の発見にも有用で、認知症の発症予防に役立つそうだ。

2016年12月から保険適用となった新しい持続糖濃度測定器(CGMS)

2016年12月から保険適用となった新しい持続糖濃度測定器(CGMS)

健康診断・人間ドック部門

健康診断・人間ドック部門を率いる長田部門長。循環器内科を専門としている

健康診断・人間ドック部門を率いる長田部門長。循環器内科を専門としている

MRIをはじめ、先端検査機器がそろう

MRIをはじめ、先端検査機器がそろう

ターミナル駅そばの立地を生かし
「受けやすい」健診を提供

武蔵小杉駅徒歩2分という好立地を生かし、ニーズに応え続ける同部門。朝8時から受付を開始し、3時間以内の終了を基本として時間を無駄にせず受診可能だ。また、経鼻内視鏡検査など苦痛軽減に努めた胃の検診など、患者の要望に応えている。

消化器病部門スタッフによる経鼻内視鏡を用いた胃の検査や、必要に応じての組織検査(生検)対応、当日の結果説明など、大学病院ならではのクオリティーの高さと、コンシェルジュの設置や受付時間など、健診専門施設としての質の高いサービスを併せ持つのが、同院の健康診断・人間ドック部門最大の魅力。「午前の健診はできる限り午前中に完結できるよう、受付から3時間以内での終了を心がけています。企業健診を中心に毎年受けていただく方も多く、経時的な変化を追えるのもメリットです」と、長田尚彦部門長は語る。
胃の検査は追加料金なしで、より精密な検査結果を得られる内視鏡検査が中心。苦痛の少ない経鼻内視鏡検査を基本としている点も特徴だ。基本の健診・人間ドックに加えてピロリ菌抗体測定や各種血中腫瘍マーカー測定、がんリスク検査や睡眠検査、脳のMRI検査などのオプションも充実。電話のほか、インターネット予約も可能だ。

女性検診部門

女性検診を担当する健康診断・人間ドック部門の磯貝晶子副部門長。女性が話しやすい雰囲気づくりを大切にしている

女性検診を担当する健康診断・人間ドック部門の磯貝晶子副部門長。女性が話しやすい雰囲気づくりを大切にしている

乳房の検査をするマンモグラフィ機器も完備

乳房の検査をするマンモグラフィ機器も完備

女性スタッフ、専用フロアでの
ハイクオリティーな検査

川崎、横浜の市検診を中心に、マンモグラフィでの乳がん検診と細胞診とエコーによる子宮頸がん・体がん検診を行う同部門。専用フロアで、医師・スタッフは女性を中心に対応。結婚、妊娠を控えた女性に向けた「プリンセスプラン」も実施している。

川崎市、横浜市の市助成によるがん検診を中心に、乳がん、子宮がんといった女性特有の疾患の早期発見に力を注いでいるのが同院の女性検診部門。女性検診専用フロアにプライバシーを尊重する個室の診察室を擁し、落ち着いた雰囲気の中でリラックスして検診を受けられる。医師・看護師・検査技師や受付などのスタッフは女性が中心となって対応している。
また、検診の結果、異常が見つかり、精密検査や治療が必要となった人には、医療支援・連携室を通じて同院や地域の医療機関での受診へとつなげているそうだ。
より微細な病変を抽出できるデジタルマンモグラフィは令和2年9月に更新。乳腺エコー・経膣エコー検査にもフルデジタル高解像度装置を使用している。妊娠や出産に先駆けて栄養状態や卵巣予備能(AMH)、ホルモン状態をチェックする「プリンセスプラン」も行っており、生き生きと輝く女性たちを強く支援している。

神経難病部門

筋電図・神経伝導速度検査では、皮膚の上から電気刺激を行い、筋肉や神経に異常がないか調べる

筋電図・神経伝導速度検査では、皮膚の上から電気刺激を行い、筋肉や神経に異常がないか調べる

診断・治療の難しい神経難病
CIDPとパーキンソン病を診療

診断・治療ともに難しいとされる慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)も扱っている同院。適切な治療を行うことで、日常生活動作(ADL)の向上や維持が望めるなど、改善の可能性がある病気であり、多数の神経難病の中でも、このCIDPとパーキンソン病、多発性筋炎を主体とした診療に力を注いでいるのが特徴だ。
同部門では、しびれの程度や筋肉の状態を測定する筋電図検査装置を用いて丁寧な問診を行い、多種多様な症状を見極めている。他院で診断を受け、治療中の患者からのセカンドオピニオン要請にも応じているほか、CIDPに対するガンマグロブリン点滴治療は外来でも可能な体制だ。神経難病との付き合いは長い道のりとなるが、諦めずにより良い状態へ導くことを心がけて診療している。

医療支援・連携室

医療支援・連携室

地域医療連携の窓口として柔軟に対応
患者や家族の心の支えに

専門に特化した医療を提供する同院は、他病院や地域の診療所などからの紹介で受診する患者が多数を占める。そうした患者を円滑な受診につなげる役割を果たすのが、医療支援・連携室だ。不安を抱える患者やその家族のさまざまな相談に乗るほか、退院後にさらに通院が必要な場合は希望の医療機関に資料とともに紹介し、在宅医療へのスムーズな移行もサポート。地域と病院をつなぐ、非常に心強い存在だ。

access.png

↑TOPへ戻る