全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院7,983件の情報を掲載(2024年4月19日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 新横浜駅
  5. 独立行政法人 労働者健康安全機構 横浜労災病院
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 循環器センター

最終更新日:2023/12/08

独立行政法人 労働者健康安全機構
横浜労災病院

20220804 1
  • 神奈川県横浜市港北区小机町3211
    • 内科
    • 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科
    • 血液内科

    • 腎臓内科
    • リウマチ科
    • 腫瘍内科
    • 緩和ケア内科
    • すべて見る

循環器センター

診療科・部門紹介

一般的な心臓や血管の疾患からより複雑で難しい症例まで、循環器内科と心臓血管外科を中心に多職種で対応

循環器内科と心臓血管外科をはじめ、看護師、麻酔科の医師、臨床工学技士、リハビリスタッフ、管理栄養士など多職種が、入院中から退院後まで一貫して患者に関わる。虚血性心疾患、心不全、不整脈、心臓弁膜症やそれに付随する大血管や末梢血管の疾患、成人の先天性心疾患に対して、病態や患者の希望にあわせ、薬やカテーテル治療、外科的手術から選択、より複雑な手術は北里大学との連携で対応している。救急については、循環器内科への直通電話のほか、救急の外来との協力で24時間迅速に患者を受け入れ。治療後は、早い段階で積極的にリハビリを開始し、再発予防や寝たきり防止に努める。

1 z54195 20231023 38

循環器内科担当の柚本先生と心臓血管外科担当の成田先生

2 %e3%83%aa%e3%83%8f01

治療後は早期からリハビリを開始することで予後の早期回復につなげている

スタッフ紹介

スタッフ

Dr1 z54195 20231023 58

柚本 和彦循環器センター長

1987年順天堂大学医学部卒業。1995年より同院勤務、冠疾患集中治療部門を経て、2015年より現職。専門は循環器内科、虚血性心疾患。日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医。各分野のスペシャリストを束ね、 他科と連携を取ながら24時間体制で循環器の疾患に取り組む。

メッセージ

患者さんの訴えをお聞きし、今何に困っているかを知ることを心がけています。循環器疾患の治療法は薬や手術など多様化しているため、患者さんやご家族に丁寧に説明し、一緒に相談しながら最終的な決断をするようにしています。日頃から患者さんとご家族と信頼関係を築くことで、ベストな選択ができればと考えています。息切れは心臓疾患の主な症状の1つです。老化や年齢のせいと放置せず、気になるときは医療機関を受診してください。ちょっとしたことでも気軽に話せて、何かあれば病院に紹介してくれるかかりつけ医を普段から見つけておくことがとても大切です。また、セカンドオピニオンにも対応していますので、気軽にご相談ください。

Dr2 z54195 20231023 11

成田 卓也心臓血管外科部長

2000年秋田大学医学部卒業、2004年秋田大学医学部博士課程修了。イギリス、シンガポール、オーストラリアでの研究留学後、千葉西総合病院心臓血管外科、北里大学医学部附属病院心臓血管外科講師を経て、2023年4月より横浜労災病院心臓血管外科部長職に就任。医学博士。北里大学心臓血管外科講師。日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医、日本外科学会外科専門医、日本循環器学会循環器専門医。

メッセージ

これまでの国内外での経験を生かしてなるべく先端の治療を導入し、早期離床、早期リハビリ、早期退院を意識して取り組むとともに、私が患者さんの立場ならどう考えるかを大切にして日々の診療にあたっています。手術後や退院時には、必ず患者さんとご家族に同じ内容を説明し情報を共有しています。心臓血管外科は一般の患者さんにとっては敷居が高いかもしれませんが、まずは心臓のことでわからないことや疑問に思うことがあれば、かかりつけの先生にご相談の上、気楽に受診してください。本当に手術が必要かどうかを循環器内科の先生や開業の先生と相談して判断していきます。血管の病気についても気軽にご相談いただければと思います。

紹介医療機関の先生方へ

当センターでは、良好な病診連携を築いていく上で、顔の見える連携を大切にしたいと考えています。当院の成り立ちから敷居が高いと感じていらっしゃる先生も多いかと思いますが、直接お会いすることで少しでもご紹介のハードルを下げられればという思いで、センター長である私と心臓血管外科部長の成田卓也先生が、近隣の病院やクリニックの先生のもとにご挨拶に伺っています。重症・軽症を問わず、心臓や血管に関わることはどんな些細なことでも気軽にご相談ください。循環器内科でも心臓血管外科どちらにご紹介いただいても、センターとして内科・外科の総合的な判断で回答させていただきます。

関連記事

access.png