全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,002件の情報を掲載(2023年10月05日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 菊名駅
  5. 医療法人五星会 菊名記念病院
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 総合診療部門

最終更新日:2023/09/06

医療法人五星会
菊名記念病院

20191213 1
  • 神奈川県横浜市港北区菊名4-4-27
    • 内科
    • 呼吸器内科
    • 消化器内科
    • 循環器内科

    • アレルギー科
    • 外科
    • 整形外科
    • 脳神経外科
    • すべて見る

総合診療部門

診療科・部門紹介

救急患者や入院加療をする患者の初療を行い適切な治療へつなげる。多職種が協力しより良い医療とケアを提供

2012年の開設以来、救急患者や入院加療を要する患者の初療を行い、適切な診療科や専門医師の治療へとつなげる地域医療の窓口的存在の総合診療部門。地域密着の病院としてできる限り断らない医療を実践し、糖尿病や腫瘍、血液などそれぞれ違った得意分野を持つ医師が、患者の状態を総合的に判断している。高齢化が急速に進む中、一人の患者が高血圧や糖尿病、心臓病、腎臓病など複数の疾患を併せ持つことも珍しくないことに加えて、今後ますます認知症の併発も増加が予測されることから、医師、看護師、ソーシャルスワーカー、リハビリテーションスタッフなど多職種によるチーム医療で患者の家族や社会的背景も考慮した全人的な医療をめざす。

20230217 1

専門医師がチームとなり、患者に寄り添った医療をめざす

20230217 2

それぞれの専門分野を生かし、多角的な診療を実施

スタッフ紹介

責任者

20230217 dr1

勝呂 俊昭部長

2001年昭和大学医学部卒業後、糖尿病・代謝・内分泌内科に進み、北見赤十字病院、同大学横浜市北部病院、大倉山記念病院などを経て、2017年より現職。オンライン開催される糖尿病教室の講師も務める。日本内科学会総合内科専門医。

メッセージ

現代医学の日進月歩の発展に伴い医療のすべての分野で専門化・細分化が進み、特に大規模病院の医療現場では専門臓器しか診ないという弊害が生じたことから、総合診療という考え方が注目されるようになりました。総合診療部門の役割は、大勢の患者さまの疾患を速やかに診断して、高度医療機関を含むあらゆる診療科との連携を図ることです。治療後は、医師や看護師、リハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカーなど各分野のプロがさまざまな意見を出し合い、患者さんにとって適した療養の場をご提案するなど、患者さまとご家族の満足度の高い医療をめざして頑張っています。寝たきりになるなど生活の質を落とすことになってしまう前に、予防できるチャンスはいくらでもあります。体調などで気になることがあれば、ぜひ気軽に受診していただきたいです。

スタッフ

20230217 dr2

藤岡 洋成診療統括部長

2008年東海大学医学部卒業。血液・腫瘍内科に進み、東京大学医学部附属病院、JR東京総合病院での勤務を経て、2022年4月より現職。内科、血液内科の部長を兼任。医学博士。

メッセージ

総合診療部門では、患者さんが訴える幅広い症状に対して全身を総合的に診ることのできる医師がそろっています。同時に、当部門に所属する医師はそれぞれの専門分野を持ち、その知識や治療技術を発揮することで、適切な医療へとつなげています。私は、血液・腫瘍内科を専門とし、これまで同種骨髄移植や末梢血幹細胞自家移植にも多く携わってきました。その経験を生かして、救急患者さんおよび入院加療が必要な患者さんに対して、初療から専門性が高く、かつ個々の患者さんの年齢や生活状況に応じたオーダーメイドの治療を提供してまいります。血液内科疾患でお困りのことや気になることがある方は、ぜひ気軽に当部門にご相談ください。

20230217 dr3

山岸 昌一先生

1989年金沢大学医学部卒業。1993年同大学院医学研究科博士過程修了。1999年ニューヨーク留学後、久留米大学医学部教授を10年間務め、2019年4月より昭和大学医学部内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科学部門教授に就任。2019年より菊名記念病院での診療を開始。医学博士。日本内科学会総合内科専門医。日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本循環器学会循環器専門医。

メッセージ

総合診療部門で糖尿病の診療を行っています。糖尿病の治療は継続して通院していただくことが重要になるため、基本となる食事と運動療法をより具体的に指導しています。食事については、患者さんの一番の興味は何を食べてもよいか、何を食べたら駄目かということなので、そういったことを具体例を用いてお話をしています。運動についても、足腰が弱い人もいればサイクリングができる元気な人もいますので、個々の患者さんに合った方法を提案しています。絵に描いた餅にならないように、患者さんそれぞれの生活背景も踏まえてできる範囲での指導をすることで、いかに日常生活を保ちながら糖尿病の療養ができるかということが大切だと考えています。

診療実績

疾患名・治療名
診療実績
感染症
117
胃腸炎
31
食道がん
-
胃がん
4
大腸がん
5
肝臓がん(肝がん)
1
胆道がん
-
胆のうがん
-
胆管がん
-
膵臓がん(膵がん)
2
大腸ポリープ
-
食道炎
5
食道潰瘍
-
胃潰瘍
2
十二指腸潰瘍
1
胃炎
1
クローン病
-
潰瘍性大腸炎
-
腸閉塞(イレウス)
1
腸憩室疾患
1
大腸憩室炎
1
アルコール性肝障害
2
中毒性肝疾患
1
薬物性肝障害
1
肝不全
3
急性肝炎
-
慢性肝炎
-
肝硬変
2
膵炎
1
急性膵炎
1
結核
3
肺がん
8
肺炎
516
気管支炎
-
肺気腫
5
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
11
喘息(気管支喘息)
14
気管支拡張症
-
肺膿瘍
5
肺化膿症
5
気胸
10
胸膜炎
5
呼吸不全
1
高血圧症
3
高血圧
3
心不全
34
脳血管障害
8
脳梗塞
7
パーキンソン症候群
1
リンパ腫
3
悪性リンパ腫
3
貧血
16
糖尿病
68
めまい症
37
上気道炎
3
扁桃炎
5
関節リウマチ
-
胆石症・胆嚢炎
6
総胆管結石・胆管炎
10
腸の血行障害
2
乳がん
-
急性腎炎
34
腎不全
15
急性腎不全
10
慢性腎不全
5
脱水
46
精神疾患
52
薬物中毒
8

※【期間】2019年4月~2020年3月

紹介医療機関の先生方へ

当院は、2012年3月より正式に総合診療部門を立ち上げました。救急患者さま、入院加療を要する患者さまの初療を行い、しかるべき専門医師の治療へとつなげていきます。非常勤を含め、在籍する医師のそれぞれが専門領域を持ち、チームでバランス良く総合的に診療することで、高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓病など複数の疾患を同時に抱える患者さまを総合的な見地から診察いたします。血液・腫瘍内科を専門とする医師も在籍し、入院患者さんの白血病や悪性リンパ腫の診療にも注力していますので、対象となる患者さんがいらっしゃいましたらご紹介ください。また、次世代を担う若手の医師の育成と教育にも力を入れています。

access.png